あぜ道のコスモス 10月の富山

 

風が涼しいので、コスモスを見に行きました。

 

cosmos

 

たくさん生えている場所から離れたところに、小さくかたまって咲いていました。

 

9月の終わり頃から咲いていたのですが、通り過ぎるだけで近づくことはなかったです。咲いているうちに季節が変わってしまうので、撮影。

 

花びらが小川の中の石にひっかかっていて、川面に揺れていました。花びらをなくした茎は、遠くから見ると星のようです。

 

田んぼから吹く風は、少し強めで… 倒れないのかなと思うのですが、すぐ持ち直します。元気がない時は、コスモスを思い出すことにします。

 

曇り空に、白い花。

 

A post shared by Petit honey (@petithoneycom) on

 

蜜蝋を発送する窓口で、お米を運んでいる人をよくみかけます。新米と、シロツメクサの白がつながって、曇り空でも明るくなりました。

連休は、冬にお届けするためのキャンドル芯を作っていました。芯を切ったり、巻いたりしていると、今まで蜜蝋をお届けしましたお客様のことを思い出したり、どのような場面で使っていただけるのかを想像したりするのですぐ時間が経ちます。

これから寒くなって、室内にいてあたたかくしたい時などは… 蜜蝋に触れるとほっとします。

先日、黄色の蜜蝋シートを再入荷。英国製の他の色の蜜蝋も今月下旬ご用意いたします。

リース、木、小さな置き物の傍に手作りキャンドル。緊張がほぐれ、くつろげるお部屋になります。

巻くだけで気軽に作れるキャンドル。紙を巻くようにクラフト感覚で始められます。