レース生地でキャンドルラッピング のれん作りの続き

 

暑い日が続きます。

窓を開けて過ごすことが多く、目隠しにのれんを作っていました。

はぎれを、切ったり縫ったり。

既製品でいいかな?と思っていたのですが、のれんをさげる場所に合うサイズのものが、みつからなかったので、少しだけ時間をかけました。

風が吹くと、レースの小さな模様がキラキラして、水の中にいるみたいです。

これは、あまり穴が空いていない生地。ロウソクのラッピングに使えそうです。ギフトボックスの内側に、束ねてお包みしたいです。

綿と麻の風合いは、涼やかに感じますね。

蝋の表面に直接、装飾しにくいなと感じたら、布地、紙を重ねてみます。

小さな小箱に入れて、いざという時のためにきれいに保管したいですね。

※使用の蝋のお色は、ホワイト、ライトパープル、アンティークペーパー、スプリンググリーンです。

のれんを作り終えて、糸が減り、布が小さくなりました。限られたものから、布小物にしていきます。携帯電話ケースとコースター、両方作れるかしら…

アイロンを片付けているうちに、夕立ちが降ってきたので、窓を締めました。